倉内理恵:クラリネット – Rie Kurauchi – clarinet

東京都出身。
桐朋学園大学音楽学部音楽学科卒業。
桐朋オーケストラ・アカデミー研修過程修了。
小澤征爾氏指揮による『小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトⅩⅡ』に出演。
ドイツ・コンスタンツにて、ソリストとして招待され、南西・ドイツフィルハーモニー交響楽団と協奏曲を共演。地元紙に特集記事が載るなど高い評価を得た。
ピアノ・チェロ・クラリネットによる室内楽集団「Trio Rosier」を結成。ラジオや読売新聞に大きく取り上げられるなど結成のきっかけとなった市川市を中心に活動を広げている。
これまでにクラリネットを小谷口直子、井上梨江、鈴木良昭、野田祐介の各氏に師事。
現在、国内オーケストラの公演に出演他、ソロ・室内楽の活動や後進の指導にも積極的に取り組んでいる。

木村有沙:サックス – Arisa Kimura – Saxophone

洗足学園高等学校音楽科、洗足学園音楽大学、同大学院卒業。
大学在学時、特別演奏者認定制度に選出される。
第9回ルーマニア国際音楽コンクール管楽器部門第2位、ルーマニア作曲家音楽学協会賞受賞。
第10回大阪国際音楽コンクール3位入賞(最高位)。
第7回横浜国際音楽コンクール4位入賞。その他コンクール入賞多数。
第3回ジャン・マリー・ロンデックス国際サクソフォンコンクール、セミファイナリスト。
2008年フランス・パリ春季サックスフェスティバルに参加し、アレクサンドル・ドワジー、クリスチャン・ヴィルトゥ、ヴァンソン・ダヴィットの元で研修を積む。
2015年9月映画音楽を収録した1stアルバム「Moon River」をリリース。
2016年3月横浜みなとみらいホールでソロリサイタルを開催。
2016年~現在に至るまで、横浜市鶴見区民文化センターサルビアホールアーティストバンク登録アーティスト。
2018年サクサコール アルトサクソフォン奏者として1stアルバム「ロシアンマスターピース(レコード芸術特選盤)」をリリース。
現在は、サクソフォン奏者としての演奏活動の他、コンサートの企画・演奏、後進の指導なども行っている。
ホームページhttps://arisa-kimura.com/

高橋朋子:ホルン – Tomoko Takahashi – Horn

神奈川県出身。
洗足学園音楽大学卒業。
これまでに、ホルンを山岸博、西條貴人、イルジー・ハヴリークの各氏に師事。室内楽を秋山鴻市、立花千春、三輪純生、山岸博、吉田将、東京メトロポリタンブラスクインテットの各氏に師事。平成17年度・18年度に学内特別選抜者に認定。
CD「7人のホルン奏者によるソロ曲集Vol.2」に出演。現在、フリー奏者として、エキストラや演奏要員として活動中。洗足学園ニューフィルハーモニック管弦楽団首席ホルン奏者。演奏の傍ら、中高生のレッスンや、吹奏楽・オーケストラの指導なども行っている。

永井嗣人:トロンボーン – Tsuguto Nagai – trombone

愛知県出身。2009年武蔵野音楽大学卒業。同大学卒業演奏会に出演。これまでにトロンボーンを藤澤伸行、井上順平の各氏に、バストロンボーンを朝里勝久氏に師事。室内楽を戸部豊氏に師事。
大学在学中よりジャズの演奏活動も始める。
現在関東を拠点として、オーケストラ、吹奏楽、ミュージカル、ビッグバンドの他に、TVCM、映画音楽などのスタジオワークなど様々な分野で活動中。
BRASS NEX、山形初のプロ吹奏楽団 PRO WIND023、夫婦金管デュオ Brass Duo amuser各メンバー。

富田真以子:パーカッション – Maimai – percussion

(通称:まいまい)
東京都出身。吉祥女子中学・高等学校を経て洗足学園音楽大学打楽器コースを卒業。
日本打楽器協会主催の第31回打楽器新人演奏会にてパーカッション部門第1位。
ソロやオーケストラの他、竹の創作楽器によるパフォーマンス集団「東京楽竹団」での演奏や、自身がリーダーを務める打楽器バンド「どやどや楽団」(東京都ヘブンアーティスト)にてロックナンバーをアレンジして演奏し、あの世界的ロックバンド”KISS”の公式ホームページで取り上げられるなど様々なシーンで多彩な活動を展開。
2019年度東京文化会館ワークショップリーダー育成プログラムに参加。
コンサートホールや保育園・児童館などの施設での子供に向けた音楽ワークショップやコンサートも積極的に行なっている。
洗足学園小学校オーケストラ打楽器アシスタント講師
NPO法人 芸術文化ワークス inc.アーティスト
平成の民によるバンド”galajapolymo(ガラヤポリモ)”メンバー